dancemode’s blog

身体と向き合う毎日を発信します✨

プロ

昨日、1日中、予防医学とかオーソモレキュラーとか機能性医学について調べました。予防医学を学んで、看護師として、ダンサーとして、一人の女性として、美しく老いるために学びたかったから。自分の身体で証明して、最新の科学、正しい情報を発信したいから。

 

ただ、そういう情報も商売になっていて、組織になると、資格をお金で買うという構図にしか見えなくてがっかりしたのです。学びたいという気持ちが搾取されているような気になりました。

しかも、講師が美しくない、若く見えない、肉体を鍛え上げてないってどういうことでしょう?説得力がないのです。

 

今は、サプリや点滴療法で努力しなくてもある程度年齢より若く見える人が増えました。でも、美しさと健康は一対でないと意味がないでしょ。

外から取り込んだものは、努力による美しさには敵わないし、内側から心も身体も磨かなければ、メッキは剥がれるという状態に。解ってしまうものです。

幸せの定義や美しさの定義は人それぞれでしょうが、私は心から幸せを感じて、身体の中から、細胞レベルで美しい人が素敵だと思います。そういう人は滅多にいないのだということを改めて認識せざるを得なかったのです。

 

たまらず、師匠にメッセージを送ってしまいました。師匠のように正しい情報を自分の身体で証明して人に発信している人は少ないのだと。改めて尊敬しました。努力を楽しむ姿に、人を幸せにする夢を売るお仕事を続ける姿に。やっぱり、立石は凄いのです。

 

ということで、私は、自分で最新の科学、症例研究をされているアメリカの医師が出している本で独学することを決めたのです。どの情報を受け取るかで自分の人生の質が変わるのですから。

私も師匠のように、努力を続けられる女性でいたいです。お勉強頑張ります。プロだなって自分で自分を褒められるまで続けます。

 

 

テロメアテスト

美尻女王の岡部友さんがYouTubeで栄養学を発信しています。

テロメアテストを受けて実年齢より10歳くらい若い肉体であったと言われています。

運動だけでなく食の管理を徹底していて、学ぶことが多いです。日本は健康に対する意識が低いので皆保険制度が崩壊しないと気づかないかもしれません。

生活習慣による病気が多いので、そこにアプローチしていく必要があります。

私は今、終末期ケアの勉強をしています。

生きること、生き方が死にかたを決めると思うので、最期はその人らしく迎えられるように出きることをしたいと思うからです。

看護師は病気になった人を対象にお仕事させて貰いますが、これからは病気でない人が病気にならないように、予防していくスキルを身につけ健康維持、美しく老いる、自己管理なども発信し貢献出来たらと思います。

ダンスのパフォーマンスだけでなく、身体を内側からプロデュースする。知識が必要です。

終末期ケアの勉強が終わったら分子栄養学を学びたいと思います。

 

まずは自分で実践し、テロメアテスト受けてみたい。いつもやりたいこと、目標が次々見つかるのも科学の進歩のお陰。学べる環境に感謝です。

片足

あるトレーナーが

日常生活で片足で身体を支えることがないから

片足でバランスを取りジャンプする

というトレーニングをしていました。

 

そうでしょうか?

 

正しく歩いていれば

必然と片足で身体を支える必要があるし

体重が乗っていない方の脚を引き寄せるのは

片足で行う必要があります。

 

ボディのローテーションをコントロールするのも

次の一歩を踏み出すコントロール

片足で

片足のバランスで行うのが

正しい身体の使い方

 

こう熱く語る私も

20年以上経っても

まだ動きを修正されるのですから

奥が深いのは言うまでもありません。

 

今日も練習頑張ります。

無駄と遊び

ダンスを始めた頃は

若かったし体力もあったし

とにかく踊れるだけで

楽しいばっかりで

効率良い動きとか

質を求めるといったことがありませんでした。

 

派手で、スピード重視で

パワーだけ···

当時も通過点としては良いのですが。

 

やはり

キャリアを重ねるからには上達したい。

 

トッププロに師事するようになって

彼らの共通する指導は

教科書を正確にということ。

どんなパフォーマンスも基本動作を省くことなど

出来ないのですから。

 

失礼なことに彼らの指導を当時は細かいな~とか

神経質だな~とか思ってました。

 

世界のファイナリスト

チャンピョンとクラスが上がるほど

妥協は許されないのです。

 

ただ、当時感じたこととは今は違って

指摘されて良かった

繰り返し基本動作を練習することで

自由になり、表現の幅は広くなり

無駄もなくなることに気づきました。

 

動きに無駄がなくなると

次は遊びが生まれ、応用が利くようになります。

 

ベースがないときに

この応用を行っても

ただ誤魔化しているだけで

ベーシックを見るとボリボロだったりします。

 

正しく踊るということは

無駄を削ぎ落とすことになり、

無駄がなくなると表現の幅が広がる。

 

仕事量が増えるのに

無駄がないから

疲れない。

省エネでより高いパフォーマンスが出来るのです。

 

もう20年以上踊ってますけど

コツコツ続けることで見えることが

増えていきます。

 

次はもっと良い踊りを···

この気持ちと基本動作の練習の繰り返しは

とても大切なことなのです。

 

あの年齢であそこまで踊れるダンサー初めて見た

って言われたいです。

私の踊りで心が動かされる人がいれば

最高の幸せ。

 

まずは自分が納得出来る踊りを目指します!

 

 

繰り返す

特定の課題の訓練を繰り返すと

脳の活動領域が意識から無意識に変化し

正しく練習すると

ニューロンの発火が頻繁になり

その回路を伝わる情報の伝達が強化されるそうです。

 

繰り返し基本動作を身体に覚えさせることは

こういうことなのです。

 

正しく動くことが標準になると

少しのズレにも敏感になり

正しくないと気持ち悪い。

 

キャリアも大事ってこと。

 

ただ長いことが良いとは思いません。

 

毎日一曲でも

ウォークの一歩でも

正しく繰り返すことが大切だということ。

 

イメージトレーニングも

同じだと思います。

 

特定の行動を思い

浮かべるだけで

脳の構造は変わりうると

アメリカの作家ジョン·B·アーデンも

言っています。

 

どうすれば

脳のプログラムを書き換えて

成果を改善出来るか

 

脳を組み換える

 

練習ってこういうことなのよね。

繰り返すしかないのです。

1%

Instagramで良い言葉に出会いました。

 

1%の努力について

 

1年の1%は4日

1日の1%は15分

 

1%×365日=38倍に近い37倍

 

1日15分続けることで

1年後には37倍の変化が!!

 

私は毎日のヨガ、ダンスを合わせると

15分にはなってるし

近頃は心電図や終末期ケア、心について

お勉強を始めました。

 

若い頃のように

一度に何時間ものお勉強は出来ないけれど

ちょっとずつなら負担にもならずに

むしろ楽しい。

 

気づいたら

大きく成長してた。

そんな自分の未来に

わくわくします。

 

続けよう。

 

バラバラにしていく

筋肉は600種類、骨は200種類くらいあって

普段意識できるのは数える程度。

 

横を向くといった一つの動作にも

頭、首、鎖骨、肩甲骨、肩、胸、背中··と

沢山のパーツが動きます。

頭部と言ったって

頬、目、眉、鼻、耳、口、顎····

沢山動かせるパーツが···

首だって7つの頸椎に喉も後首、胸鎖乳突筋···

1つ1つ頸椎も回旋できる角度は違うし

 

こんなにも沢山あるパーツを

どれだけコントロール出来るかが

美しい動作、ダンスになるということです。

 

全てのパーツが連動しているので

1部分を修正すると全体に数cm、数㎜の

影響が出ます。

 

この小さな小さな

身体の内側の変化に気づけるか

これが上達の鍵になるのです。

 

身体のパーツ、一つ一つを

バラバラにして統合していく。

統合の中に幾重にも変化がある。

 

この微細な変化に気づけるのが

トッププロ····

凄いことです。

 

脳の神経細胞は860億もあります。

コントロールすることに

どれだけ神経を使えるか。

意識、訓練しかありません。

 

行動の源は

欲望、感情、知識だと言われています。

 

踊りたいという欲望

感情を表現すること

身体をコントロールするための知識

 

どれも大切なのです。

 

一旦、自分のパーツをバラバラにしてみる。

可能性が広がるのです。